トラストラボはSDGsに取り組んでいます。

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された,2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

(外務省ウェブサイトより引用 2022年12月8日)

SDGs取り組み紹介

ペーパーレスの徹底

PDFやクラウドなどITを活用することで、ペーパーレス化を行い二酸化炭素排出の抑制に取り組みます。

オンライン会議の採用

Zoomやスカイプ、LINEビデオ通話などを駆使し自動車などの移動を極力回避することでて二酸化炭素排出の抑制に取り組みます。

事務所スペースの効率化

毎日の自動車通勤をなくすことで二酸化炭素排出の抑制に取り組みます。

ITコーディネーター活動によるデジタル支援

ITコーディネーター活動でデジタル化への推進に取り組みます。

コーチング付きサーバーエリアレンタルサービス

誰でも柔軟に働くことができる仕組みづくりの一助としてウェブサイト制作のノウハウを活かした支援に取り組みます。コーチング付きサーバーエリアサーバーレンタルサービスはこちら

TOP